薬学部学生集え!地域薬局5社の人事担当者が語る!!

薬剤師不足が続いている現在で、薬学生向けの就職環境も「超売り手市場」と言われるほどの状況となっている。調剤薬局、ドラッグストア、病院だけでなくメーカーや公務員からも薬学生のオファーが増えてきているのです。

しかし、このような状況はいつまでも続くということは決してありえません。「それは、分かっているけど・・・」という薬学生も多く、環境が良いときは特にそうですが良い情報が多くというよりは、「良いことばかり書かれた情報しかない。」というのが現状ではないでしょうか?!

当然、薬学彩の方も「決める基準が分からない!」ということで就職活動の方向性を決められないという方も多いのではないでしょうか!?

病院のような安心なところに就職をした方が良いのか?」、「病院は、医者の言う通りに動かなくてはいけないので薬剤師の地位が低い!」など、病院を1つ就職先と考えても色々な情報が耳に入ってきます。それは、調剤薬局も同じことが言えます。

そんな、薬学生の皆さんに地域の調剤薬局5社がコンサルタント会社を使わずに独自で企画をしたイベントが、12月21日(日)に新宿で行われる事となったのです。この企画は、地域薬局5社の人事担当者がサミットのようにトークバトルを繰り広げるというもので、業界初の試みでもあるのです。

地域薬局サミットの内容

・地域密着薬局って?

・10年後の調剤薬局のあるべき姿は?

・薬局の人事担当者が求める薬剤師とは?

・学生のうちにやっておくべき事とは?

・あなたは薬局派?病院派?

等など、薬局の人事担当者や企業が考えていることを熱く語ります。当然、薬局の地域も変わりますので考え方や地域の環境などが違いますから、それぞれの企業の考え方が聞けるイベントとなるでしょう。また、薬学生からトーク題材をいただきそれについても語り合う内容となっています。

就職活動を行う薬学生の皆さんに聞いていただき、就職への考え方や判断基準のヒントにしてもらう為のイベントとなっているのです。観覧は無料ですので気軽に聞きに来てください。但しスペースの関係で60名程度の定員となっていますので、お早目の申し込みをお願い致します。定員になり次第応募は終了とさせていただきます。

地域薬局サミット

日時・時間:12月21日(日) 14:00~17:00

場   所:NOF新宿南口ビルセミナールームA

公式サイト:http://www.chiiki-yakkyoku.org/

参加企業 :徳永薬局株式会社(東京)、株式会社メディサポート(神奈川)、
       メイプル薬局(静岡)、株式会社サンテ(茨城)、もろおか薬品(長崎)

数多い薬学生に聞いていただければと思っております。是非、今すぐ公式サイトの申し込みフォームからご応募ください!

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。