武蔵野大学にてランチョンセミナーを開催!

武蔵野大学にてランチョンセミナーを、先日行ってきました。武蔵野大学は、吉祥寺からバスが出ており約15分ほどのところに位置しています。キャンパスは自然の緑が美しいなかに、秋の紅葉も混じるとても素晴らしい環境となっていました。東京の郊外に位置することから、都会と緑がまさに融合しており閑静な雰囲気がとても良かったです♪

伝統あるキャンパスは、緑の中に合った学問を学ぶ雰囲気とマッチして勉強に取り組む環境がしっかりと整備されている感じがしました。そんな中でメディサポートグループとして単独でランチョンセミナーを行ってきました。日程と募集タイミングが短いということもあり学生が集まるか不安であったのですが、最初に4名の応募がありました。結局開催までには倍の8名の応募があり、8名の薬学生が話しを聞きに来てくれました。慌ててお弁当を買いに行くハプニングがありましたが、無事に事なきを得ました。

今回の私たちのテーマは、5年生の就職活動前ということもあり自社の案内は数分にして、薬学生の就職活動を有意義なものにしていただくために、”「人事はこれを自ら語らない!」引く手あまたの就活で落とし穴にはまらない為に。”で行いました。

プレゼンテーターは、今回がデビューとなる高橋さんが行いました。本人もこのテーマにはかなりの気合の入れようで、このために数週間前から薬学生の就職活動の少しでも助けとなるためにと頑張っておりました。やはり、スタート当初はかなりの緊張をしていたようで硬さも見られましたが、話すに連れて落ち着きもみられ約30分間という時間で話しきりました。

その後の薬学生のアンケートでも「非常にためになった。」や「ためになった。」という声ばかりをいただきました。元々ランチョンセミナーに参加する薬学生は就職活動を真剣に考えている方も多いことから、メモを取ったりセミナー後に質問をしてくる方もいます。

そんな薬学生の中でも一人でもメディサポートグループの薬剤師求人に応募があるとうれしいのが本音ではありますが、このセミナーを聞いて薬学生の方の就職活動が有意義なものになってくれたらうれしい限りです。これから一人でも多くの薬学生と交流をもてることを楽しみにしたいと思います。

武蔵野大学の皆さんありがとうございました。
薬学生の皆さんの就職活動のご健闘をお祈りしております!

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。